トヨタ南海グループのボディリペア (ハイブリッド車はもちろん、他車(国産)・軽四も修理します)

ボディの修理はお任せ下さい。

こすりキズから、フレーム修正を伴う大修理まで。高品質な技術で愛車を復元します。
もちろん、安全性能も確実に復元します。

一台として同じ作業が出来ないのがボディリペア。
最新技術機器と高度なサービス技術を取得したエンジニアが、納得できる完成度になるまで確実に修理します。

作業日数の必要とする大・中ダメージ修理車と短期間で完成する小ダメージ車のラインを別々に設置し、作業の流れをスムーズにして工程管理を容易にして最短修理日数での完成を目指しています。

トヨタ南海グループでは、ボディ専用大型サービス工場を3店完備しています。

泉北テクノボディセンター 臨海貝塚ボディセンター 金岡ボディセンター
 
工場内ってこんな感じです
 
広い作業のしやすいボディセンター内。
作業者の衛生管理、お客様の車に粉塵がかからないように床に設置した粉塵回収機で粉塵がまわらないようにしています。
追突されたプリウスαです。
ハイブリッド車の技術力が無いと危険です。
後ろにはハイブリッドバッテリがあります。
画像はリアバックパネルをジャッキで元の位置へ戻し、引っ張ったパネルは切断し新しいパネルに交換します。
もちろんフレームの点検も行います。
塗装が完成してきた車両です。
表面の仕上げをしています。
 
アクアの左部分の中ダメージ修理中です。
交換したパネルの溶接部分の仕上げ。
損傷してるが交換する必要のないパネル部分の補修をしています。
ボディセンターはミニバンの屋根(ルーフ)など、高い場所の修理専用のリフトを設置しています。どのような修理箇所でも確実に修理できる体制を取っています。 塗装ブースです。
ほこりなどが入らないよう密閉されています。
 
色合わせは経験と高い技術が必要とする職人技です。 塗装ブース内にて塗装中です。
屋根と床全面から空気を吸って、塗装面に異物が付くのを防いでいます。
ドアを開けることは出来ません。
塗装が終わり乾燥中です。